VOICE 先輩の声

竹原 章悟 営業職
2015年入社|社歴2年|理系大学卒

Shogo Takehara 竹原 章悟 営業職

建材事業部

学んだこと、頑張ったことは必ず報われる。
日々、成長とやりがいを実感できる会社です

社員一人一人を大切にしてくれる会社。
そのことが社長との最終面接で伝わってきました。

就職活動では業種を絞らず、さまざまな企業のブースを訪ね歩いたのですが、 その中で最も興味を惹かれたのが日昭アルミ工業でした。業界のことは全く知らなかったものの、採用担当者の説明がユニークで、面白そうだと続く単独の説明会にも足を運びました。

入社を決めたのは社長との最終面接が大きかったです。その時に内定をいただいたのですが、渡辺社長は「これで止めない方がいい」と就職活動を続けるよう薦めてくれたんです。内定を出すことで学生を囲い込もうとする企業もあった中で社長の言葉は驚きでしたし、「就職活動はいろいろな大人の話を聞くチャンス。ここが向いているかは入ってみないとわかりません。まずはせっかくの機会ですから、さまざまな会社を受けてみてください」と何よりも個人の成長を最優先に考えてくれる姿勢に、日昭アルミ工業という会社が社員を大切にしている会社だというのを感じました。

最初は分からなかった専門用語も分かるように。
一歩一歩、着実に成長しているのを感じています。

私が所属する建材事業部は、得意先に商材を卸し、施工に向けた採寸や打ち合わせ、現場管理といった業務を担当します。また、時間を見つけては新規店を開拓し、既存の得意先に対しても新たな商材を提案して、さらなるつながりを深めていきます。そのため、豊富にある自社商材をきちんと知ることがまずは大事になってきます。

私も入社して半年間は先輩社員に同行。現場を訪ねては職人さんと一緒に網戸の取り付けを手伝ったり、収まり具合をチェックしたり、OJTを通して商品知識を学んでいきました。おかげで最初は分からなかった先輩と職人さんの会話も今は理解できるようになりましたし、入社するまで何も分からなかった自分でもスムーズにお客さまと接することができています。

また、入社2年目を迎えた今は1年目にはほとんどなかった自分あての電話も増えました。「日昭アルミ工業の新入社員 だったのが段々と「日昭アルミ工業の竹原」となっているのがうれしく、まだまだ勉強中ですが、少しずつ、着実に成長できているのを実感します。

失敗は必ずある。大切なのは経験値にすること。
自身を成長させてくれる環境がここにはあります。

営業は頑張った分だけ、その成果が結果として現れます。もちろん、うまくいくときばかりとは限りません。時には頑張ってもうまくいかなかったり、失敗することもあります。そうしたときに大切なのは、失敗を引きずらない、繰り返さないということです。私も一人で現場を任されたばかりの頃は、網戸の寸法を間違えて、どうやってもサッシに収まらなかったり、逆に隙間があいてしまったりと、お客さまに怒られるような失敗がありました。しかし、そうした失敗を引きずるのではなく、その度に先輩社員に相談したり、なぜ失敗したのかを理解することで、次につながる経験値へと変えてきました。

当社は、失敗してもそれを支えてくれる先輩たちいますし、一人一人がしっかりと成長できる環境が整っています。私も皆さんに頼られる先輩になれるよう、さらに知識と経験を深めていきますので、ぜひ皆さんも安心して飛び込んできてください。

1日の流れ
  • 8:30出社

    出社出社したら、まずは社員全員で掃除。事務所内はもちろん、階段やショールームもみんなで美しく清潔に保っています。

  • 8:40朝礼

    朝礼朝礼には事務所の全社員が参加。営業は前の日の成果を一人ずつ報告し、その日に行う業務やスケジュールを発表します。

  • 9:00メールチェック

    メールチェック朝礼の後は、見積りや発注の依頼が来ていないかメールをチェック。
    依頼内容に応じて商材の発注をかけたり、見積書を作成したり、事務作業を済ませます。

  • 9:30現場挨拶・現場管理

    社用車に乗っていざ外回り。午前中は新規の施工現場を訪ね、職人さんとその日の施工の内容や行程を確認します。

  • 12:00昼食

    昼食 お昼は次の現場へ向かう途中でとることが多く、コンビニのおにぎりが多いかな。他の営業マンが近くにいるときは一緒に食べに行くこともあります。

  • 13:00現場挨拶・現場管理

    現場挨拶・現場管理午後はこれから施工する現場を訪ねて窓枠などを採寸。午前中に行った現場が終わりそうなときは再び訪ねて完了確認を行います。

  • 15:00得意先まわり・新規顧客開拓

    得意先まわり・新規顧客開拓 担当者が昼間は外出していることが多いので、得意先を回るのは夕方近く。世間話だけのときもあれば、発注を受けたり、新たな商材を提案したりすることもあったり。話す内容は毎日違います。市内を走って気になっていた施工会社などを新規で訪ねることもあります。

  • 16:30見積作成・発注業務

    見積作成・発注業務 外回りから帰ってきたら、その日に受注した商材の見積りの作成や発注業務などを行います。

  • 18:20退社

    自宅から勤務先の札幌支店までは車で5分。さぁ、ここからはプライベートな時間!今日はどこへ遊びに行こうかな♪

岡本 健太 営業職
2010年入社|社歴7年|文系大学卒

Kenta Okamoto 岡本 健太 営業職

リフォーム事業部

営業という仕事は人と人とのつながり。
社内外でその喜びを感じる瞬間があります。

一人一人のリフォームのパートナーとして。
お客さまの立場で物事を考えることが大事です。

私が担当しているのは、一般のお客さまへのリフォーム商品の提案と販売。当社のリフォームは専任の職人がいるのも強みの一つで、その施工現場の管理も営業が担当しています。

札幌支店では担当を地域で分けていて、私は厚別区と江別市のお客さまを任されています。担当地域の施工現場は年間300件を超えますが、その中で、最も大切にしているのは、いかにお客さまの立場になって考えるかということです。私には300件のうちの1件であっても、お客さまにはその1件がすべてであり、接するのも私1人です。画一的に応対するのではなく、一人一人に対して丁寧に説明し、プロとして細やかな提案やフォローを行っていく。御見積から施工、アフターフォローまで、お客さまに気持ちよくリフォームしていただくことが何より大切であり、そのパートナーとなれるよう、日々努力を重ねています。

当社は、社員と、その家族も大事にしてくれる会社。

日昭アルミ工業は、面倒見のよい先輩社員たちばかりで、しっかりと時間をかけて新人を教育してくれます。私も入社1年目は先輩社員に同行して、みっちりと仕事を教えてもらいました。

社内の風通しがとてもよく、特に社長との距離の近さは、特筆すべき点かと思います。全国に支店を持ち、200人もの社員がいる会社の社長でありながら、きさくに話をしてくれますし、就業後に社員を食事に誘ってくれることもあります。会社のキャンプでは家族も連れて行けるので、子どももすっかり社長になついていて、とても可愛がってもらっています。

大小さまざまな商品でお客さまとの関係を深め、「リフォームの日昭アルミ」を広げていきたい。

この仕事のやりがいは、やはりお客さまに信頼していただき、永くお付き合いさせていただけることに尽きます。当社のリフォームは数千円の部品から、何百万もかかる住宅機器や大型エクステリア、増改築まで、多種多様な商品を扱っています。私は5年前より札幌支店に勤務していますが、当時から今まで大小さまざまなリフォームを任せていただいたお客さまがいますし、中には最初は外壁の修繕でお声をかけていただいたのに、お話するうちに仲が深まり、どんどんとリフォーム内容が広がっていったというお客さまもいます。お客さまの笑顔を見ることは、私自身の喜びにもつながっています。

日昭アルミ工業は、長年培った実績があり、建材メーカーとしては絶対的な信用があります。しかし、まだまだ網戸や窓周り商品のイメージが強く、総合的なリフォームを行っていることの認知は低いような気がしています。実績ある商品をどうお客さまに伝え、リフォームを通して永くお付き合いできるようになれるか。これからも「日昭アルミ工業のリフォーム」をどんどん伝え広げ、たくさんのお客さまとつながっていけたらと思っています。

1日の流れ
  • 8:30出社

    出社 最初にするのはメールチェック。お客さまから連絡が入っていないかを確認し、その後に社員全員で社内を毎日掃除しています。

  • 8:40朝礼

    事務所の全社員が集まって朝礼。営業報告を行います。朝礼後は発注業務などの事務処理を行い、現場へ向かう準備をします。

  • 9:00顧客訪問・現調打合せ

    訪問先では、新規の打合せだったり、現場の指示管理をしたり。リフォーム事業部の営業はお客さまの家に何度も足を運び、信頼関係を築いていきます。

  • 12:00昼食

    よく食べるのは、ラーメンか唐揚げ定食。訪問先から会社まで戻り、近くにあるいきつけの中華料理店に行くこともあります。

  • 13:00顧客訪問・現調打合せ

    顧客訪問・現調打合せ午後からもお客さまの家を訪問。最低でも1時間、打合せや説明が必要な場合は2時間近くいるので、1日に回れるのは6件程度です。

  • 16:30事務処理

    事務処理 会社に戻ったら、その日に契約した手配書の処理や、その場で出せなかった見積の作成、工事の手配、発注などを行います。

  • 18:30退社

    退社 日報を書いて提出したら1日の仕事が終了。リフォーム事業部は、お酒も話すことも好きな人たちばかりで、2か月に1回は一緒に飲みに出かけています。

赤間 慶二郎 設計職
2002年入社|文系大学卒

Eisuke Maruyama 丸山 栄佑 管理職

支店長

支店長とは社員と会社をつなぐ存在。
当社では若い支店長が多く活躍しています。

支店長は城主のような資質が求められ、
そこに大変さとやりがいを感じます。

私が支店長となったのは20代後半、新潟支店の立ち上げに携わって2年目を迎えたときでした。設立からまもなく当時の支店長が異動になったことで、残った私に白羽の矢が立ち、支店長を任されることになりました。

新潟に居た頃はプレッシャーこそ感じたものの、支店を立ち上げたばかりでしたから、一人の営業マンとして無我夢中で働いていましたが、旭川支店の支店長となった今は、会社全体の大きな流れをつくる重要なポジションであるという思いを強く感じています。もちろん支店の売上管理も大事な仕事ですが、それ以上に会社の方向性や社長のビジョンをしっかりと社員と共有できるようにすることが支店長の役割であり、言葉だけでなく、行動でも示していかなくてはいけないと日々努めています。

かつて入社試験の面接で「一国一城の主を目指しなさい」と社長から言われたのですが、支店長職とはまさに城主のような資質を問われているのではないかと思います。実際にその立場になってみると、大変さと当時に目指していた支店長になれたことがうれしくもあり、期待されていることにやりがいを感じています。

若い社員が活躍できる環境で、
自分も社員の成長も支えていきたい。

自分自身が20代後半で支店長を任されたこともそうですが、当社は若い社員にいろいろなチャレンジの場を与えてくれる会社です。支店長の多くは30〜40代前半で、自分より若い人もいます。

また、支店長になる前の大阪支店にいた入社2年目には、大阪管轄で名古屋営業所を出す話があり、私と新卒の社員2人で行ったこともありました。大阪にいる先輩社員がしっかりとサポートしてくれたおかげで無事に営業活動を行うことができたのですが、当時の経験は自分を大きく成長させてくれたと実感しています。

支店長の一番の喜びは、部下が目標を達成できたり、いずれはどこかの支店長となって巣立っていくことにあると思います。社員と会社のパイプ役として会社をつなぎながら、個々の成長をこれからも支えていきたいです。

当社は働けば働くほど成長が実感できますし、自分にとってだけでなく、家族にも誇れる会社だと思います。皆さんにもぜひ、その思いを入社して実感してもらいたいです。かつてサポートしてくれた先輩社員のように、私も皆さんのチャレンジを応援しています。一緒に働けることを楽しみにお待ちしています!

赤間 慶二郎 設計職
2001年入社

Keijiro Akama 赤間 慶二郎 設計職

設計(企画開発)

設計も営業も、皆が一丸となって取り組む。
チームプレイが当社の強みです。

設計で大事なのは実際の現場を知ること。
知るほどに設計の精度が上がっていきます。

私は設計担当として、自社製品であるアルミ建材の型材開発や、他社製品も使った設計や施工図の作成などを手掛けています。

設計は内勤のイメージが強いかもしれませんが、当社では現場管理者と打ち合わせたり、現調・実測をしたり、実際の現場に出ることが少なくありません。過去に担当した集合住宅の施工では納期が迫っていたこともあり、現場と会社を1か月の間に何度も往復しながら、打ち合わせと図面作成を詰めたこともありました。

アルミ建材の設計は想像以上にシビアで、1ミリでも寸法を間違えると施工できないことがあります。ですから、現調や実測では気を抜けませんし、設計時にはあらゆることに気を配る必要があります。その分、イメージ通りに設計がハマったときには何事にも代えがたい喜びがあるのも設計の楽しさだと感じています。これからさらに全体を俯瞰して把握するスキルを身につけ、より幅広い商品知識と経験値を蓄積しながら、細部まで気を配った設計をしたいと思っています。

すべてはお客さまのために。
それが会社の原動力になっています。

開発や設計に興味があった私は、日昭アルミ工業の募集を見て、すぐに面接を希望しました。社名から堅い社風の会社だと想像していましたので、入社初日はとても緊張しましたが、社員の皆さんが明るく、打ち解けやすい人たちばかりで、すぐにリラックスすることができました。

働いていて特に感じるのは、当社はスピードとパワーに溢れているということです。それはお客さまと密接な仕事だからというのが大きな理由だと思います。設計の仕事を一生懸命に取り組んだ結果、お客さまから再び指名してお願いされることがありますし、それが何よりものやりがいにつながっています。

お客さまのニーズに社員が一丸となって応えていく。そんなチームプレイが得意な会社ですから、これから就職を希望される皆さんも、ぜひ気持ちを素直に表現することを大切にしてください。真っ直ぐな気持ちで、何事にも誠実に対応できる人と一緒に働けることを楽しみにしています。

船越 智絵 事務職
2014年入社|社歴3年|専門学校卒

Tomoe Funakoshi 船越 智絵 事務職

総務

一つ一つ、やりきるごとに感じる達成感。
オンもオフも充実した日々を過ごしています。

困ったら先輩がしっかりサポート。
安心して仕事を覚えていけます。

入社当初は工場の事務を担当し、2年目に経理の担当者が転勤となったことから、後任として経理・総務の仕事を引き継いでいます。経理の仕事はまったくの未経験だったので最初は不安でしたが、前任者に電話で教えてもらったり、周りの先輩に助けてもらい、一つずつ仕事を覚えていくことができました。現預金の管理や請求書チェックといった経理業務に加え、社員の航空券手配などの総務業務もありますので、毎日大変ですが、一つ一つしっかりとやりきることで達成感がありますし、忙しければ忙しいほどやりがいを感じます。まだまだ教えてもらっていることが多い私ですが、いつか後輩たちにアドバイスできるよう、これからもしっかりと業務に対応し、できることを増やしていきたいです。

社内はとってもアットホーム。
幅広い年齢の社員が働いています。

当社を一言で表現するなら、「アットホームな会社」だと思います。当社には部署はもちろん、支店の垣根を越えた交流の場がたくさんあります。例えば、春には焼肉をしたり、夏には石狩の厚田でキャンプをしたり。社員だけでなく、家族も参加して行うので、とても賑やかです。そうした環境があるので社員同士がすぐに打ち解けられて、普段の仕事でも分からないことがあれば、すぐに連絡を取り合える。私自身とても助けられています。また、建設業界は年齢層が高く思われがちですが、当社は若い人からベテランまで幅広い年齢の人がまんべんなくいますので、いろいろな話が聞けたり、吸収できるものがたくさんあります。みんなオンとオフがしっかりしていて、働くときは真面目に働き、遊ぶときはめいっぱい遊ぶ。こんなに社員同士が仲の良い会社は珍しいようで、友人にうらやましがられています。

TOPへ戻る