INTERVIEW お客様の声

CLIENT01

一緒に考えてくれる日昭アルミ工業にお願いして、どんどん住まいの理想が広がりました。

北海道江別市M様

client01

岡本さんは説明も提案も分かりやすく信頼感が増していきました。

ご主人リフォームは、屋根の防水マットが傷んで雨漏りしていたことがきっかけでした。

奥様周りから少なくとも2社に見積りを取った方がいいと言われて、以前に修理をお願いした施工会社だけでなく、チラシを見て日昭アルミ工業のリフォームフェアにも足を運んだんです。

ご主人そうしたら日昭アルミ工業は、もう一社とは施工のやり方が全く違ったんですよね。もう一社は単に防水マットを敷き直すような感じだったのが、日昭アルミ工業はしっかりと工事をして直すやり方で、その方がしっくりきたんです。

奥様日昭アルミ工業は施工のやり方を細かく教えてくれて、それが分かりやすかったんです。そして、何より岡本さんの存在が大きかったです。もう一社のところは話しづらかったですもの。

ご主人私たちは素人ですから、最終的には業者にお任せにしてしまうのですが、岡本さんは提案するだけでなく、一緒に考えてくれる。そこが一番うれしかったですし、好感を持ちました。

奥様若いからいろんなことを言いやすかったですよね。うちは以前、1階部分を店舗に使っていたためシャッターがあり、それを無くして壁にしたい、キッチンと居間の間にある壁を取り払いたいなど、最初は雨漏りの修理だけだったのが、普段不便に感じていることを素直に話せて、岡本さんが「できますよ」と言ってくれるので、リフォームしたいことがどんどん広がっていきました。

ご主人床が鳴るんだよねと話すと「それはビスで止めて直せますよ」と教えてくれて、さらに「床を直すなら床暖を入れてもいいのでは?」と提案してくれて、それは良いねとお願いしたり。一つ直すと、その度にやりたいことが増えていって、あそこもここもってリフォームしました。

これからずっと住み続けるために。暖かくて快適な住まいが完成しました。

ご主人外観も居間もリフォーム前とはイメージがガラっと変わったよね。それに暖かくなった。床暖だけでなく、床と屋根の施工時に断熱材としてウレタンを吹き付けてもらったんですが、こうも違うとは驚きでした。かつて1階部分でお店をやっていたときはそんなに感じませんでしたが、店舗を閉めて使っていなかったことで冷気が2階にも来ていたんですね。

奥様うちには灯油タンクが2つあったのですが、20日ほどで無くなってしまうので、あまり使わないようにしていたんです。そのため、朝起きたら寝室の温度が6度とかになっていることがしょっちゅうありました。でも、リフォームしてからは家中が暖かくなって、実は12月なのに羽毛布団を出していないくらい快適に過ごせるようになりました。

ご主人日昭アルミ工業と出会うまでは、気にはなりつつも不具合が生じた部分しか直すことはなく、お金のことも考えると、なかなか踏み切れなかったんですよね。

奥様でも、快適な余生を過ごしたいなと思って。私たちがこの先一生住む家を岡本さんも一緒に考えてくれたことがうれしくて、本当に感謝しています。おかげでとても暮らしやすいリフォームができました。

TOPへ戻る